B級孤独のグルメ

柴崎亭出身の大注目の新店 新宿御苑「RAMEN MATSUI」早くも行列店 メニュー、特徴など詳しく解説

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2023年5月 月間751,120 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナ禍で散々な目に。2023年3月から再び上昇気流に乗っています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメン、カレー、とんかつ、寿司が大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:英語講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館。海外旅行再開したい。

以下のボタンクリックで応援して頂けると、メチャ嬉しいです。
(1日1回有効。1クリックして頂けると10ポイント加算されます)

東京ランキング にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ にほんブログ村

 

東京たべある記 柴崎亭および柴崎亭系列店・姉妹店の記事

柴崎亭 つつじヶ丘

いしかわや 国領

祖師ヶ谷七丁目食堂 祖師ヶ谷大蔵

RAMEN MATSUI (ラーメン マツイ)とは?

ラーメンマツイは2023年5月10日新宿御苑にオープン。

2023年6月25日現在食べログ3.38、ラーメンDB88.592ポイント、Google Map4.4。食べログやRDBは開店40日余りとは思えない高得点です。

店主の松井 創さんは柴崎亭 梅ヶ丘店で店長だった方。

ただラーメンマツイは柴崎亭の姉妹店ではなく、麺は京都の麺屋棣鄂のもの。価格帯も高めで柴崎亭からは完全に独立した感じなのでしょうか?

2023年は例年にも増してラーメン店は新店ラッシュ。しかも評判が高い店ばかりで行きたい店は日増しに増えるばかり。

しかし優先順位として大好きな柴崎亭の関連店は上位にきます。とある日曜の昼に新宿御苑を目指すことにしました。

新宿御苑 RAMEN MATSUIの行き方、外観、行列の様子、営業時間

〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目25−10 ダイアパレス御苑前 B-2

東京メトロ丸の内線 新宿御苑前駅 徒歩6分

最寄り駅は新宿御苑でも新宿からそう遠くないこともありますが、こちらは新宿からは結構歩く場所で四ツ谷三丁目も近いです。

自分はGoogle Mapのナビに従って目的の「ダイアパレス御苑前」には着いたのですが。

あれっ?単なる住居で店の入口が分かりません。B-2とあるので地下2階?しかし入口らしきものは見当たりません。

5分くらいこの周辺で格闘してマンションに沿った場所に下りの階段があることを発見。

ここを左折すると店舗が見えてきました。

ふー。左隣りはインド料理屋。日曜日の13:20は6名ほど並んでいました。

並び方の説明が書かれていますが、自分が並んでいた時は①と②は使用されておらず③から潤に並んでいました。

回転はそこまで速くなく店内着まで25分くらいでした。

【 新宿御苑 ラーメンマツイの営業時間 】

平日 11:00~15:00
土・日・祝 11:00~16:00

定休日 毎週木曜、隔週水曜

RAMEN MATSUIのTwitterはこちら

新宿御苑 RAMEN MATSUIのメニュー、店内の雰囲気

店内手前に大きめの券売機がありました。

RAMEN MATSUIの券売機 その1

RAMEN MATSUIの券売機 その1

基本は醤油と塩で醤油が1,000円、塩が1,050円。柴崎亭は一昔前はラーメンが500円からで有名でしたが、その倍の金額です。ただ最近の東京の新店ではこの価格が基本になりつつあります。

RAMEN MATSUIの券売機 その2

RAMEN MATSUIの券売機 その2

左上の法則で特製醤油1,400円のボタンをプッシュ。

RAMEN MATSUI トッピングの内容

RAMEN MATSUI トッピングの内容

特性には鴨ロースチャーシュー、ワンタン、味玉が付きます。

神威豚は初めて聞く名前ですが「かむいとん」と読むらしい。北海道の「日高四元 神威豚」が正式名称のようです。

店内は高級感があります。

スタイリッシュなバーで見るようなテーブル。木のお盆付きもいわゆる「意識高い系」ラーメン店では普通に見かけるようになりました。椅子も革張りの座り心地の良いもの。

夫婦で営む小さなラーメン店です」とTwitterに書かれていたので客案内をしていた女性が店主の奥様と思いきや、松井店主の他に女性スタッフは3名も。

客席8名の新店としては多い方だと思います。奥様は店主の横にいらした方かな?

BGMは「OASIS」や「Beatles」。最初に入った時は「OASIS」の名曲「Some Might Say」が流れていてこれが店主の趣味なら気が合いそうと思ったのですが真相は果たして。

新宿御苑 RAMEN MATSUIで頂いた特製醤油

大きめの白い丼に登場。

具は白髪ねぎ、小松菜、メンマ、ワンタン、味玉、鴨チャーシュー2枚、豚チャーシュー1枚。

食べる前は自分の好みの真ん中な感じがしたのですが。

スープ一口二口。鶏をベースに昆布?良いものをたくさん使っていそうですが結構複雑な感じ。美味しいことは美味しいですが、結構難解というか旨味の輪郭が分かりにくいかも。

ほんのり固めに茹でられた京都棣鄂のストレートの細麺。麺自体が美味しですがスープとのからみはもう一つ。

味玉は味の染み込んだ美味しいものでしたが、ワンタンは餡の旨味がもう一つ。

鴨チャーシューも肩ロースチャーシューも教科書の見本になりそうな見た目でしたが、

どちらもよくあるタイプで驚きはなく、旨味がもう一つ。特に鴨は淡白だな。

最近見た目よりも旨味を重視したようなチャーシューが好みな事もあってあまり心には刺さりませんでした。

スープは良い素材を使っているのは分かっていたで完飲しましたが、最初の印象はあまり変わらず。

今回はやや辛口のコメントになっていますが、「美味しいけど」な辛口ですのでご容赦のほどを。

 

RAMEN MATSUIラーメン / 新宿御苑前駅四谷三丁目駅曙橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2023年5月 月間751,120 PV(アクセス数)

世界一のグルメ都市東京の美味しい店と話題の店に絞って紹介しています。
日本一のグルメブロガーを目指すはずがコロナ禍で散々な目に。2023年3月から再び上昇気流に乗っています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメン、カレー、とんかつ、寿司が大好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
独身中年おやじ。大阪→横浜→ロンドン→武蔵小山→小田原→西大井→大井町→国分寺
職業:英語講師 (英検1級、通訳案内士)、元翻訳者、元富士通
特技:将棋(将棋倶楽部24六段) 趣味:旅行、料理、お笑い好き(千鳥、かまいたち、オズワルド)
姉妹ブログ海外旅行情報館。海外旅行再開したい。







Copyright© 東京たべある記 , 2023 All Rights Reserved.