B級孤独のグルメ

「凛 TOKYO」東京駅グランスタにオープン!札幌の人気店が東京初進出 とみ田や飯田商店も応援

しげP
WRITER
 
醤油らぁ麺@NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO グランスタ東京







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

2020年8月3日グランスタ東京にオープンした「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」(ニッポン ラーメン リン トーキョー)とは?

更に拡大するスペースがあった事自体が驚きですが、東京駅構内の「グランスタ」は2020年8月3日に更に66店舗ほど新規オープン。

合計154店舗ほどになり「グランスタ東京」という名前になりました。

新規オープンのラーメン店は2店ですが、どちらも注目度の高い店ばかり。

あの「中華蕎麦とみ田」が手掛けるラーメン二郎インスパイア系の「雷」には早速行ってきました。

お値段高めですが、美味しい二郎系のラーメンが東京駅の構内でも食べれるようになったのは画期的。そして今回は「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」。

札幌の名店「Japanese Ramen Noodle Lab Q」の東京初進出として注目を集めています。

TOKYOINFO のウェブページから引用させて頂きます。

『NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO』は、日本のセントラルステーション「東京駅」から新たな日本ラーメン文化を発信することをコンセプトに、札幌の銘店『Japanese Ramen Noodle Lab Q』とのコラボレーションによって生まれた新ラーメンブランドです。
『Japanese Ramen Noodle Lab Q』の得意とする淡麗醤油(クリアなスープの醤油ラーメン)で、日本ラーメン文化の原点「醤油ラーメン」の再創造を目指します。

ちなみにコラボとはJR東日本とのコラボという意味のようです。

また「Japanese Ramen Noodle Lab Q」は札幌発といっても味噌ラーメンではなく淡麗醤油ラーメンなんですね。

「醬油らぁ麺」についてはこうも記されています。

看板商品の「醬油らぁ麺」は、4種の地鶏、8種の醤油を絶妙にブレンドしたスープとタレ、毎朝仕込む自家製麺であふれる香りと美しさを感じる一品です。
国産食材で作る「リアル Made in 日本ラーメン」で日本のラーメン文化の原点をお楽しみいただけます。

いわゆる鶏100%のラーメンですね。これはとても気になります。

鶏100%のラーメンに関しては一時期とても流行っていて、多くの店舗で頂きました。

自分の大好きな「大井町 和渦」 (現在は移転して「中華そば 和渦 TOKYO」)では特に何度も頂いています。

ただ、「和渦」を始めとして現在のいわゆる「意識高い系」ラーメン店は鶏+煮干しetc.の組み合わせになった店が多く、ここ最近は鶏100%のラーメンはあまり食べていないかもしれません。

久しぶりに食べてみたいな。

また「雷」に並んでいた時に店頭にあった張り紙から知ったのですが、「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」は「らぁ麺飯田商店」と「中華そばとみ田」の応援店舗と書かれています。

「らぁ麺飯田商店」と「中華そばとみ田」現在の日本を代表する2店舗が応援しているというのはこれ以上にない援軍。

ちなみに「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」の麺は「中華そばとみ田」の製麺所「心の味製麺」のものを使用しているそうです。

という訳で「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」には行く前からとても楽しみにしていました。

 

 

東京駅 グランスタ東京「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」の外観、メニュー、行列の様子

八重洲地下中央改札口のすぐの駅ナカに「NIPPON RAMEN 凛 TOKYO」はありました。

おそらく構造的に駅を使わないと利用できないと思います。

醤油らーめんは990円!

トッピングはチャーシューと海苔しか見えませんが、なかなか強気な価格設定です。

ただ東京駅ナカだと致し方ないという感じでしょうか?

土壁が和風の感じを出しています。これは外国人客を意識しているな。

外からも店内の様子が少し見えます。

整理券の発売機を発見。

人は並んでいるけど整理券なの?

まあ良くわからないので整理券を頂きます。どこで待とうかなと思っていると店内からネクタイをした店員が駆け寄ってきます。

「整理券は取らずにそのままお並び下さい」と言われます。どうやらすごく混んでいる場合のみ整理券を使うつもりかな?

さて並びます。時刻は平日の13時10分。6名ほどなので気楽に待ちます。

しばらく待って券売機の前に到着。カラーディスプレイのオシャレな券売機です。

グランスタ東京 NIPPON RAMEN 凛 TOKYOの券売機

グランスタ東京 NIPPON RAMEN 凛 TOKYOの券売機

 

まだ醤油らぁ麺のみのようですが、もともと醤油を食べるつもりだったので問題なし。

【 グランスタ東京 NIPPON RAMEN 凛 TOKYO の主なメニュー 】

醤油らぁ麺 990円
塩らぁ麺 990円 (発売予定)
青南蛮らぁ麺 1,100円 (発売予定)

特製トッピング 520円
チャーシュー増 350円
味玉子 150円
海苔 100円
ごはん 150円

特製は+520円!味玉は+150円。ということでおとなしく醤油らぁ麺のみを購入。

こちらは交通系ICカードだけでなくクレジットカードも使えました。

 

 

東京駅 グランスタ東京「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」の店内の雰囲気

13時25分頃に入店。結局店頭で15分待ちでした。

店内は思ったより広い。後で調べてみるとカウンター席は15席ありました。

椅子も良い感じ。

駅ナカにしては椅子の広さがあります。元々この大きさのつもりか、あるいはコロナ渦で予定を変更したのかは分かりませんが。

下に荷物を入れるかごもありました。

カウンター席は寿司屋のような感じも。

実に品よくまとまっています。

隣とは仕切り板があります。

ちなみに卓上の調味料はありませんでした。

壁はレンガような感じ。厨房も離れているとはいえなんとなく作業が見えます。

厨房は4名。マネージャー的な人が1名。女性の接客担当が2名。更には奥で皿洗いをしている人もいてかなりの大所帯です。

人は多いですが調理はかなり丁寧なようで結構待ちます。約10分ほど待って醤油らぁ麺が着丼しました。

 

 

グランスタ東京「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」で頂いた醤油らぁ麺

おっ、この丼どこかで見たことがある。

北品川の「中華そば 和渦 TOKYO」で見たものとそっくりです。

参考:北品川 中華そば 和渦 TOKYOの丼

 

丼の内側にも何か描かれているのが違いますが。「和渦」の丼は有田焼だったはずなのでこちらも有田焼かもしれません。

具はチャーシュー1枚、ねぎ、海苔1枚。

醤油らぁ麺@NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO グランスタ東京

醤油らぁ麺@NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO グランスタ東京

 

と思いきや太いメンマが2つほど下に隠れていました。

さて、スープを。

うん、ほぼ想像していた通りの味です。濃厚な鶏の旨味。深い旨さを感じます。ただ鶏油は控えめな感じで円味はそれほどでもありません。

醤油がキリッとしていて芳醇。シンプルなスープをうまくまとめ上げています。

そして麺が美味しい!

これも予想通りの柔らかい中太麺ですが、しなやかでチュルチュルと口の中に吸い込まれていきます。

そして豚バラロールのチャーシュー。

かなり柔らかく味付けは問題ありませんが、かなり薄いかな。1枚しかないのでもう少し厚みが欲しい。そして枕木とも言われる極太メンマはコリコリで美味しい。

とはいえトッピングは分かっていましたが少し物足りない。デフォルトでももう少し欲しいかも。

スープをしっかり完飲すると「THANK YOU」の文字が見えました。

 

 

グランスタ東京「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」の行き方と営業時間

八重洲地下中央改札のすぐそばにあります。地下1階。

八重洲地下中央改札と凛の店舗

八重洲地下中央改札と凛の店舗

 

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9−1 東京駅グランスタ B1

改札の中に入って少し先に進んだ位置に待ち合わせのメッカ?銀の鈴があります。

銀の鈴@東京駅

銀の鈴@東京駅

 

整理券システムになったら銀の鈴で待てば良さそうですね。

【 グランスタ東京 NIPPON RAMEN 凛 TOKYO の営業時間 】

営業時間 8:00~22:00
日・連休最終日の祝日 8:00~21:00

定休日 年中無休(グランスタ東京に準ずる)

朝の8時!から営業しているのですね。

 

 

グランスタ東京「NIPPON RAMEN 凛 RIN TOKYO」の感想と食べログ採点

【 グランスタ東京 NIPPON RAMEN 凛 TOKYO の感想 】

・間違いのない鶏100%のスープ。味わい深く(おそらく)無化調なので安心して飲み干せる。とみ田の心の味製麺が作っている麺もすごく美味しい。

・ただラーメンオタクの中にはありふれたラーメンと思う人もいそう。オリジナリティはあまり感じられなかった。

・醤油らぁ麺が990円。外国人客なら問題なく払いそうだけど。東京人は高く感じる人もいそう。

ニッポン ラーメン 凛 トーキョーラーメン / 東京駅大手町駅二重橋前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.