B級孤独のグルメ

「進化論」✕「和渦」コラボは贅沢素材のオンパレードだった

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

最近Twitterをそこまでまめにチェックしていない。そのせいで、最近の和渦が魅力的なコラボをやっていることに気づかなかった。

終わってから他人のTwitterで気づく有様である。

しかし、この日は運良く当日の朝に和渦店主のTwitterでコラボの情報を得ることができた。

進化論✕和渦コラボ
日時 本日11月8日(水曜日)17:00?
開催場所 大井町和渦
のどぐろ、鯛、東京軍鶏のスープ
比内地鶏のワンタン。純情豚とマッシュルーム、トリュフのワンタン。
うに、アワビ、松茸の炊き込みご飯
替え竹 白レバーと洋梨のソース
和渦のツイッター見たで奥久慈卵の味玉サービス。

なんか素材がすごすぎる。

Tweetのこのスープの写真も気になる。

ちなみに友人にこのTweetを送ると「いくらかな?」との答。確かにこの素材では2,000円くらいしてもおかしくない。

値段は少し気になるが、この日は仕事が終わると真っ先に和渦に向かった。

しかし痛恨の出来事。日頃電車の中ではあまり寝ないし、乗り過ごすこともないのだが、目が覚めると国際展示場前。りんかい線を大井町から10分ほど乗り過ごしてしまった。

結局これで都合30分ほどのロス。限定が売り切りていないか心配で大井町駅から急ぎ足。

さて、到着すると少し行列ができていた。まだ麺はありつけそうだったが、食券を買う段になって不安が的中。うに、アワビ、松茸!の炊き込みご飯は売り切れだった。

ちなみにコラボ麺は1,000円!。通常の特製と同じ値段。そして炊き込みご飯は100円!だった。出血覚悟というやつですねぇ。かえすがえすも寝過ごしたのが悔やまれる。

さて店内に入ると厨房には3人ほど。体育会系の元気の良い挨拶で出迎えられる。

和渦は通常高橋店主のワンオペなのだが、進化論の店主刈谷さんに加え助手の方までいた。客席わずか6人の小さい店なので厨房もそれなりだが、狭いところで皆さん忙しそうにしている。

そして、のどぐろ、鯛、東京軍鶏のスープは鶏が下支えしているものの魚が超濃厚。クセも含めて魚感前回。これ自体も美味しいが、個人的には和渦の創業時にメインメニューだった牡蠣ペーストが最高

牡蠣がほどよく濃厚魚スープに中和する様がたまらない。

ワンタンも豚とマッシュルーム、トリュフまで入っているとのことで、やはりいつもとは一風違う味だった。

うに、アワビ、松茸!の炊き込みご飯が食べられなかったのは残念だが、こんなコラボは大歓迎。今後もやるそうなので楽しみだ。

尚、進化論という店は雪が谷大塚のつけ麺の名店たけもとが火曜日限定でやっている企画らしい。

たけもと進化論も未訪問なので行ってみたくなった。

IMG_7244

IMG_7246

IMG_7247

IMG_7248

IMG_7253

IMG_7254

IMG_7250

IMG_7251

IMG_E7258

IMG_7257

IMG_7255

IMG_E7259

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.