B級孤独のグルメ

五反田の新店「彩音(sign)」オープンするなり行列が常態化した人気ラーメン店

しげP
WRITER
 
特製醤油@彩音 五反田







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

五反田「彩音(sign)」とは?

五反田「彩音」は2020年10月1日にオープン。「彩音」は「サイン」と読むそうでMr.Childrenの「Sign」から名前を取ったとか。

五反田は多くのラーメン店がありますが、自分が王道と考える鶏・煮干し系淡麗系スープを提供する店は少ない印象。

「彩音」は写真を見る限り淡麗系で自分の好みの真ん中の気がします。ついに五反田にも王道のラーメン店が誕生か?

Twitterや評論家筋からの評判も上々な感じ。ラーメンDBの大崎裕史さんの記事によると、「彩音」3つの味があり、それぞれアドバイザーがいること。

醤油は「さくら井」(三鷹)、塩は「八咫烏」(九段下)、煮干油そばは「つきひ」(亀戸)。

なんと、醤油、塩、煮干し油そばそれぞれに東京を代表する有名店が監修しているそうです。こんな方法聞いたことがない。

しかも三鷹「さくら井」は自分がずっと宿題店にしていた店。実際の「さくら井」より先に食べるのは少し気が引けましたが「彩音」ではまず醤油を食べたいと思っていました。

ただ、食べてみた感想はオープンしたての店とは思えないくらい完成度の高いラーメンでしたが、スープは想像していたほど美味しいとは思いませんでした。期待値が高すぎたのかもしれません。

 

 

五反田「彩音」の外観、行列の様子、メニュー、店内の雰囲気

五反田駅西口を出て第二京浜を横切りしばらく進んで左折したところで「彩音」を発見。店舗は2階のようです。

1階には行列ができていました。平日の12時頃で7名待ち。

五反田のラーメン店でこのような行列を見たのは初めてです。しばらくすると店員がやってきて行列を確認。自分にも「お一人様ですか?」と声がかかります。

並んでいてもこういう対応があると安心します。

客の回転は悪くないようで10分少々待って食券を買うよう言われたので店内へ。

券売機はこんな感じ。

五反田 彩音の券売機

五反田 彩音の券売機

 

事前に予習していた通り、醤油、塩、煮干し油そばの三本立て。また、上段右には特製&日本酒ベアリングなるメニューもあります。

【 五反田 彩音(sing)の主なメニュー 】

特製醤油 1,150円
特製塩 1,150円
特製煮干油そば 1,150円
特製&日本酒ペアリング 1,500円
醤油 850円
塩 850円
煮干油そば 850円

半熟玉子 100円
特製トッピング 300円
麺大盛(1.5玉)100円、(2玉)200円
ライス 150円
半ライス 100円

普通の醤油にするか特製にするか迷いますが、特製はチャーシュー2個増し、味玉、ワンタン付き。

これが魅力的に見えたのでやや高いと思いつつも特製にボタンをポチります。

食券を渡して道路に戻るとすぐに順番が来たので店内に戻ります。

ブルーのグラスが良い感じ。

店員さんは3名。Tシャツにハンチング帽。最近は少数はとはいえこういうラーメン店臭さを感じないコスチュームの店も増えました。明るく元気で感じの良い接客です。

彩音の説明(こだわり)書き

彩音の説明(こだわり)書き

 

卓上には説明書きがありました。

醤油は「岡直三郎商店」の日本一揚げ醤油を使用。「岡直三郎商店」は馴染みのある名前で自分の大好きな淡路町「潮」も岡直三郎商店の日本一しょうゆを使っています。

またこれによると大山どり、名古屋コーチンのみの100%地鶏出汁とのこと。また鶏油を香味油として使用。この部分を食べている間に見返すことになります。

また卓上にもメニューがありました。

彩音の卓上に置かれたメニュー

彩音の卓上に置かれたメニュー

 

BGMはMr.Children。最初は気づかなかったのですが、イノセント・ワールドが流れたためにミスチルであることが分かります。

ディスプレイがありましたがこちらはミスチルではなく洋画が流れていました。

また厨房には三河屋製麺の麺箱があったので麺はこちらのものと思われます。

さて、着席してからは3分くらいで特製醤油が登場。食券を渡してからも5分くらいでこだわりのラーメンを出す店にしてはかなり早めに感じました。

 

 

五反田「彩音」で頂いた特製醤油

白いシンプルな丼。

器はやや小さめです。

具は豚チャーシュー2枚、鶏チャーシュー2枚、ワンタン2個、メンマ、水菜、半熟卵、ねぎなど。

特製醤油@彩音 五反田

特製醤油@彩音 五反田

 

スープを見ると脂の泡のようなものが少ししかありません。

少し見た目に違和感を抱えつつすすってみます。

ふむふむ。思っていたのとは違うな。

甘みがほとんどありません。香味油に使っているという鶏油はあまり感じません。

また鶏というよりどちらかというと節系を感じます。鶏100%とあったのは動物系は鶏だけということかな?

味としては悪くないと思いますが、深みを感じません。旨みが薄め。

麺はやや固めの茹で加減でコシがあって美味しいですが、あまりスープの旨味を吸い込んでいない感じ。

そしてチャーシューにもやや違和感。

どちらもいかにも低温調理な感じで見た目は最高。実際に豚肩ロースも鶏の胸肉もかなり柔らかく調理具合も素晴らしいと思うのですが食感がそっくり。

またどちらもチャーシュー自体に味がついておらず、スープから味を吸収ようになっていると思いますが、あまり味を吸収してくれません。

どちらかというとチャーシューに過剰に味がついているのは嫌いな自分ですが、どちらも少し岩塩をふりかけたくなりました。

ワンタン、半熟卵、メンマはすごいというほどではないですが、普通に美味しい。

うーん。麺も具もレベルが高いのですが、スープにつきます。薄く感じました。そのせいかそれぞれの具にスープが馴染まない。

ただ、今RDBや食べログのレビューを少し読んでみましたが、自分と同じような感想は発見できず。

毎回ブログで感想は100%個人の主観ですが、今回は特に自分が偏っているか、出てきたラーメンがたまたまだったのかもしれません。

 

 

五反田「彩音」の行き方と営業時間

〒141-0031 東京都品川区西五反田2丁目18−3

【 五反田 彩音(sing)の営業時間 】

月火木金 11:30~14:30 / 18:00~22:00
水土 11:30~14:30

定休日 日曜日、祝日

五反田「彩音」の感想と食べログ採点

【 五反田 彩音(sing)の感想 】

・鶏と節系のスープは個人的には深い旨味を感じなくやや薄い感じがした。麺や具はそれぞれレベルが高いと思ったが。

・店内の雰囲気良し。明るい接客も感じ良し。

麺屋 彩音ラーメン / 五反田駅大崎広小路駅不動前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.3

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2020 All Rights Reserved.