B級孤独のグルメ

これが担々麺?あんかけ風小田原系担々麺「たかみ」が洗足にオープン

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

小田原系担々麺とは?

かつて小田原には仕事の関係で1年ほど住んだことがあるのですが、ご当地ラーメンがあるということは全く知りませんでした。

それが小田原系担々麺。現在でもあまり馴染みがありませんが、なんとウィキペディアに詳しい解説があったので引用させて頂きます。

小田原系担々麺(おだわらけいタンタンめん)は、1975年に神奈川県小田原市上曽我で発祥した、ひき肉・ザーサイ・ニンニク・豆板醤などをベースとした、とろみの強いあんかけ風甘辛スープの担々麺を特徴とするラーメン店群である。タンタン麺専門店中華四川をその源流とする。

小田原系担々麺はとろみの強いあんかけ風甘辛スープが特徴的なんですね。いわゆる担々麺とはかなり違いそう。

現在、小田原系坦々麺と呼ばれているラーメンは、1975年創業の小田原市の中華四川が源流である。
中華四川は、中心市街地である小田原駅からは直線距離で北方7~8kmであり、最寄駅である東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線の上大井駅から徒歩13分と不利な立地に存する。それにも関わらず、提供されるタンタン麺が地元などで話題になると、それが小田原市のご当地ラーメンとして各メディアで紹介されるようになり、現在では、小田原系坦々麺と呼称されるようになった。
中華四川には支店が存在しない。当店で修行をして独立し、小田原系坦々麺を提供する店などは小田原市などで見られる。

小田原系坦々麺玄や(松田)
菊壱(仙石原)
小田原タンタン麺たかみ(目黒)

市街地から離れた「中華四川」という店が小田原系担々麺の元祖なんですね。しかし小田原市内からは遠くいわゆる車でないと通えない場所。

小田原在住時には車がなく、生活圏はかなり狭かった自分が知らなかったのも無理はないのかも。当時は特に食べ歩きに熱心ではなかったし。

さて、この小田原系担々麺を知るきっかけになったのが目黒の「小田原タンタン麺たかみ」。権之助坂のラーメン店密集地帯に店があったのでずっと気になっていました。

目黒の店舗は行かない間に閉店していたのですが、2021年3月に目黒区洗足に移転オープンしたという噂を聞き、今回訪問することにしました。

なお、「小田原タンタン麺たかみ」は神楽坂にデリバリー専門店もオープンしたようですが、現在は休業中のようです。

 

 

小田原 タンタン麺 たかみ 洗足店の外観、メニュー、店内の雰囲気

東急目黒線洗足駅。

武蔵小山に行く際に通りかかる駅ですが降りるのは初めて。

駅を出ると左にセブンイレブンが見えますが、その先にそんなに歩かずに道路の右側に「たかみ」を発見。

暗闇の中に赤と黄色と店頭ポップが目を引きます。

これをひと目見ただけで普通の担々麺とは違うことが分かります。

隣のチキンは何?と思ったのですがこの場所は元々「SELECT CAFE KKOTBING 洗足店」の店舗だったとか。

KKOTBING(コッビン)は韓国式の雪花かき氷とチキン、タピオカミルクティーのCAFE。

現在はテイクアウト・デリバリーのみでおそらく厨房はたかみとシェアしていてイートインスペースはたかみのみが利用という感じのようです。

それは後から調べて分かったことで、行った際は詳しいことは分かっておらず「何なんだろう?」と思っていました。

さて、入店。平日は19時すぎで先客は1名ほど。離れた所にいた比較的若い長髪の店主さんから声がかかりますが、ワンオペのようでした。

小田原 タンタン麺 たかみ の券売機

小田原 タンタン麺 たかみ の券売機

 

メニューはタンタン麺が800円。期間限定のつけ麺もあります。

ライスに合うという話もあったので迷いますが、結局タンタン麺と味玉(100円)の食券を購入。

スタイリッシュな感じの店内。

水は手元にありました。

アクリル板で仕切られています。

卓上調味料は酢とこしょう。

しばらくしてから店員さんが食券を取りに来ます。

辛さは甘い、普通に加えて辛さが6段階から選べるとか。辛さ1はピリ辛で辛いものが好きな人には物足りないかもとのことだったので2辛でお願いしました。

店内はFMが流れています。しばらくすると女性の1人客。辛い店あるあるでラーメン屋でも辛いラーメンを出す店は女性客が多い印象です。

しばらく待ってタンタン麺がやってきました。

 

 

小田原 タンタン麺 たかみ 洗足店で頂いたタンタン麺+味玉

ミシュラン一つ星の「Japanese Soba Noodles 蔦」と同じような2色のレンゲがささっています。

味玉は別皿。

麺は中央で盛り上がりを見せています。札幌ラーメンで良く見かける黄色い麺。

具はひき肉、ねぎ、そして刻んだ唐辛子。

タンタン麺+味玉 小田原 タンタン麺 たかみ 洗足店

タンタン麺+味玉 小田原 タンタン麺 たかみ 洗足店

 

挽肉は結構な量があります。いかにもとろっとしたスープから頂きます。

本当にとろとろ。完全なあんかけスープですね。旨味はしっかりで挽肉やネギが良い感じに味に変化をもたらします。辛さもしっかりですが、2辛だとそうでもありません。

何か未知との遭遇という感じで初めて食べる味ですが何かクセになる味です。すするごとにどんどん美味しく感じられるように。

麺は中太縮れタイプ。結構弾力があります。スープとよくからみ、一部が麺がくっついたような感じになっていて持ち上げるのが大変なこともありますが、塊?の麺も美味しい。

味玉はスープとの調和を考えて味は控えめ。

麺が量があるのか、スープのとろみのせいかお腹が膨らんできます。確かにライスと合いそうですがしっかり太りそうな気もするな。

気がつくと結構な量の汗が吹き出ています。気持ちよく完食。

これがタンタン麺か?と異論を唱える人もいそうですが、人生初の小田原系担々麺は美味しく頂けました。

 

 

小田原 タンタン麺 たかみ 洗足店の行き方と営業時間

〒152-0012 東京都目黒区洗足2丁目7−17

東急目黒線 洗足駅 から徒歩数分

【 小田原 タンタン麺 たかみの営業時間 】

月~金 11:30~20:00
土 11:30~15:00

定休日 日曜日

「小田原 タンタン麺 たかみ」はUber Eatsにも対応しています。

 

 

小田原 タンタン麺 たかみ 洗足店の感想と食べログ採点

【 小田原 タンタン麺 たかみの感想 】

・小田原系担々麺はかなり個性的。かなりのとろとろスープがクセになる。唐辛子、挽肉、ネギのアクセントが面白い。万人受けするかはわからないが一部に熱狂的なファンがいるというのは納得。

・店内はスタイリッシュな感じでおしゃれ。店員さんの対応も感じ良かったがワンオペで大変そうに見えた。

小田原 タンタン麺 たかみ 洗足店担々麺 / 洗足駅北千束駅西小山駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年6月 月間285,243 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2021 All Rights Reserved.