B級孤独のグルメ

「らぁ麺葉月」直系 濃厚スープと極太麺が絶品「きりきり舞」 不動前

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

「らぁ麺葉月」直系 不動前「きりきり舞い」

今年8月に訪問した雪が谷大塚の「らぁ麺葉月」は衝撃的な美味しさでした。複雑濃厚なスープが美味しく、麺やトッピングに至るまでどれも特上の内容。

[blogcard url=”https://tokyo-tabearuki.com/Raman-Hazuki”]

今年も東京中のラーメン有名店をたくさん訪問しましたがベスト3に入るくらいの美味しさでした。

Tweetしたところ「らぁ麺葉月」で修行した人の店があると教えてもらい、その川崎「自家製麺 利八」にはすぐに行ってきました。

[blogcard url=”https://tokyo-tabearuki.com/Rihachi-Kawasaki”]

ただ利八は特に葉月の名前を出さずに営業しています。そのことが書かれたメディアも見つかりませんでした。らぁ麺は確かに似ていましたが。

しかし葉月の直系であることを公にした店があります。

それが不動前の「きりきり舞」。元々「らぁめん 葉月不動前店」という名前で営業していたそうです。

食べログのお店のPRにも以下のように書かれています。

あの名店【葉月直系!!動物系魚介醤油】あの名店「葉月」で修行し、唯一独立を認められ店主。

あの名店【葉月】で修業し唯一認められ独立した店主。 試行錯誤により完成させたスープに、独自開発した多加水太麺、しっかり煮込んでトロトロのチャーシュー、個性的な極太メンマ、店主が葉月から受け継いだ味を、更に追求した最高の逸品です。 麺は香りの高い国産小麦、モンゴル潅粉の潅水を使用し、添加物を使用せずに作りました。体にも優しく味も満足の、店主が愛情を込めて完成させるラーメンを是非味わいに来て下さい。

「あの名店葉月直系!!」と全力でアピールしている。

ずっと気になっていて宿題店になっていましたが、今回ようやく行くことができました。

 

 

不動前「きりきり舞い」の外観、メニュー、店内の雰囲気

東急目黒線不動前駅を出てからかむろ坂を登っていきます。以前武蔵小山に住んでいたのでこの辺はなじみの場所です。

しばらく坂を登って少し左に曲がった所に「きりきり舞」はありました。

店の前にも「葉月直系 らぁめん きりきり舞」と書かれています。

結構横幅がありますね。

メニューはらぁめんとつけ麺が2本柱のようです。

やや滲んでいますが自家製麺 多加水太麺で、「キタノカオリ」や「ゆめかおり」などの小麦を使っているようです。

中に入るとやや甲高い声で「いらっしゃいませ」と声がかかります。まあまあ広さがあるのにワンオペのようです。

【 不動前 きりきり舞の主なメニュー 】

味玉らぁめん (黒・白) 930円
特らぁめん (黒・白) 1,030円
まるひらぁめん 980円
海老油濃厚らぁめん 980円

つけめん830円
味玉つけめん 930円
特つけめん 1,030円
まるひつけめん 980円
濃厚つけめん 880円
海老油濃厚つけ麺 980円

「特」は味玉、のり増し、チャーシュー増し
「まるひ」はスパイシーなピリ辛麺

らぁめんとつけ麺だけとはいえ種類はすごく豊富。これだけ用意するのは大変そうです。

初めてなので無難に特らぁめん 黒 1,030円 の券をポチります。

黒は「焼干しマー油」という聞き慣れてないものが入っている模様。楽しみです。

時刻は19:30で先客は1名ほど。空いているのかと思いきや後からどんどん入店してきます。

4人連れの家族が来て、両替を求められたりして対応が大変そうです。こちらか見える調理工程は結構複雑でした。

いつもなのか、今日だけなのかは分かりませんがワンオペはかなり大変そうです。

壁にはエレン製水システムなるものを使っていると記されています。水道水を「エレン整水器」に通すと、まろやかで美味しいお水ができあがるとのこと。最近のラーメン屋は水も凝っています。

太麺で茹でるのにも時間がかかることもあり、10分強待って「特らぁ麺 黒」が着丼しました。

 

 

不動前「きりきり舞い」で頂いた特らぁめん 黒

特らぁめん 黒@きりきり舞 不動前

 

チャーシューが迫力あります。

海苔と水菜の間のスープの色が違います。これが「焼干しマー油」なのかな?

さてスープから頂きます。

どろっした食感の超濃厚スープ。最初は甘いくらい豚骨などの動物系の甘みを感じますが、後からこれも濃厚な煮干しの旨味を感じます。濃厚なのに後味すっきりなのは葉月風。

レンゲが止まらなくなる美味しいスープ。

そして麺は極太麺でもっちりしていて喉越しが最高です。

いやぁ、最高に美味しいな。ここまでは満点です。

ただ特大で分厚いチャーシューは筋が多く結構食べにくい。レビューを見るとホロホロしたチャーシューと書かれている方が多かったのですが、ホロホロになる一歩手前というか。

何かもっと美味しくなるチャーシューなはずなのにと思います。

そして葉月風のぶっとい材木メンマ。これもコリコリするも半分くらはかなり柔らかい。チャーシューとメンマは何か未完成品のような気がしました。

味玉は普通に美味しかったですが、スープと麺が最高だっただけにチャーシューとメンマは少しがっかりです。ワンオペなので十分に準備に時間が取れないのかな?と少し感じました。

 

 

不動前「きりきり舞い」の行き方と営業時間

〒142-0061 東京都品川区小山台1丁目33−11

不動前駅から徒歩6分

帰りは武蔵小山まで歩きましたが10分くらいでした。

【 不動前 きりきり舞の営業時間 】

火~金 昼11:30~14:30・夜18:00~22:00
土・日・祝  昼11:30~15:00・夜17:30~22:00

夜の部は売り切れ次第終了

定休日 月曜日・第1火曜日 (月曜日が祝日の場合は翌日休業)

こちらの写真もご参考に。

不動前「きりきり舞い」の感想と食べログ採点

【 不動前 きりきり舞の感想 】

・濃厚で動物系の旨味も煮干しの旨味も十二分に感じられるスープが秀逸。モチモチの極太麺も美味しい。

・反面、チャーシューは筋が多く食べにくかった。食後に爪楊枝をかなり使うことに。また名物の材木メンマも半分コリコリ、半分柔らかく何か未完成な感じがした。

・店主の手際は良く、感じも良いが、席が10席以上ある店でワンオペはきつそうに見えた。

 

きりきり舞ラーメン / 不動前駅武蔵小山駅戸越銀座駅
夜総合点★★★☆☆ 3.6

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年12月 月間301,779アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.