B級孤独のグルメ

【ナポリピッツァ】マルゲリータ美味し!「ヴァカンツァ」 恵比寿

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

恵比寿の「ヴァカンツァ (VACANZA)」とは?

現在自分はピザを食べたいモードに入っています。

先週は中目黒の伝説の店「聖林館」でマルゲリータを頂きました。

ピザを食べたのは数カ月ぶり?少し間が空きました。

ただ自分はピザを食べない時は数ヶ月食べなくても平気ですが、食べる時は集中的に食べたくなる癖?があります。

という訳でしばらくピザの記事が増えそうな予感がします。

さて、どこに行くかですが今回は恵比寿に狙いを絞ります。

恵比寿はイタリアンの充実が素晴らしい町ですがピザの名店も多いんですよね。食べログでベスト5を調べてみました。

【 恵比寿の食べログ ピザベスト5 】

1位 パルテノペ 3.79
2位 アンティーカ・ピッツェリア・ダ・ミケーレ 3.79
3位 ヴァカンツァ 3.74
4位 リストランテ・エ・ピッツェリア・ダ・イーヴォ 3.71
5位 エビスエスクラッシコ 3.63

自分の大好きな「パルテノペ」は堂々の1位。

2位のダ・ミケーレは行ったことがあります。

ということで今回は名前すら知らなかった3位の「ヴァカンツァ」に行くことにしました。

イタリア語でヴァカンツァ(vacanca) は休日のこと。フランス語だとバカンス。英語だとバケーションですね。休日でも何か優雅な休日といった趣があります。

というわけでほんの束の間ではありますが、恵比寿でゆったり美味しい料理を楽しんできました。食事も雰囲気も最高でした。

特に事前に入念に調べた訳ではありませんが、イタリアン激戦区の恵比寿。人気店は安定のクオリティですね。

 

 

恵比寿の「ヴァカンツァ」の外観、ランチメニュー、店内の雰囲気

恵比寿駅東口を出て大通りを右方面に歩いていくと「ヴァカンツァ」が見えてきました。「パルテノペ」の少し先といった立地でした。

建物は2階建ての様子。イタリア代表のユニフォームの色ブルーにイタリアの国旗。いかにもな感じです。

一部はオープンな作りになっています。この日は寒くなく辛うじて外でも大丈夫な感じでしたが誰もいません。

ランチメニューはこんな感じ。中でも同じものがありました。

中に入ると、おや満席。13時過ぎなので空いているかと思ったらとんでもありません。

入れるかな?と思っていると店員さんが2階を確認しています。

どうやら2階は空いている様子。良かった。

1階にはすごく立派なピザ窯がありました。最近のピッツェリアはピザ窯がマストになっている気がします。場所を取るし、手入れも大変そうだし、窯自体が高そうですが頑張りますね。

2階に至る階段も何やら良い感じ。サッカーイタリア代表の写真なんかもあります。

奥の方に少し空席がありました。1番奥の席に案内されます。

ランチはピザとパスタがある模様。

イタリアだとパスタとピザの店は完全に分かれていてどちらもある店はかなり珍しいですが、日本のピッツェリアはパスタがある店の方が普通ですね。

ピザの方が高いですが、前菜、パン、カフェ、チョコレート付き。それで1,320円はお得感。

ちなみに聖林館はピザだけで1,500円。ダ・ミケーレもそんな感じだったかな?ちょっと高い!

【 恵比寿 ヴァカンツァのこの日のランチメニュー 】

・ピッツァランチ (税込 1,320円)

ピッツァ マルゲリータ
ピッツァ ロッサ
ピッツァ ビアンカ
ピッツァサルシッチャ
(ハーフ&ハーフ可)

・パスタランチ (税込 1,100円)

フレッシュトマトとバジリコのトマトソーススパゲッティ
鶏肉とアーモンドのペペロンチーノソース スパゲッティ
ツナとモロッコいんげんのクリームソース フェットチーネ
揚げ茄子とンドゥイヤ(辛口ソーセージ)のピリ辛トマトソース ペンネ
ホタテとチェリートマト、バジルのリゾット
自家製ラザニア ~白トリュフ風味~ 数量限定

とうことで、また聖林館に続いてマルゲリータを頼みます。しかし今これを書いていて気づいたのですが、ハーフ&ハーフも可能なんですね。そちらにすれば良かったかん?

木のテープルが感じ良いです。

店内は女子比率が高い。見た感じ自分を除いて100%!です。たまたまかな?ピザが嫌いな男子はいないとはずだし。。おっさんは少し肩身が狭い。

しかし、ひげをはやしたイケメン店員さんはすごく対応が良い。よく気が利くしおっさんだからといって差別?されることもなく気持ちよく過ごせました。

 

 

恵比寿の「ヴァカンツァ」の頂いたマルゲリータのランチ

まずは思ったよりも立派な前菜が登場。

前菜@ヴァカンツァ 恵比寿

 

卵焼きハムはイタリアンな感じですが、ポテトサラダもついています。

更にパン付き。この時点でピザは小さいのかな?と思ったのですがそんなことはなかった。たくさん食べられて良いですね。

サラダはオリーブオイルに塩というシンプルなスタイル。自分もこの感じが好きで家ではいつもこれ。

ポテサラのじゃがいもが美味しく当たりを予感させます。

そしてマルゲリータが登場。

マルゲリータ@ヴァカンツァ 恵比寿

 

結構でかいです。

切れ目は入っていますが、そこまでしっかり切れていなかった。自分でもフォークとナイフで切れ目を入れていきます。

適当なサイズに切ってパクリ。

うん。美味しいです。

最初に感じたのはバランスの良さ。

生地は薄めで柔らかく食べやすい。端の部分だけ厚めで食べにくいこともありません。

塩分はうまく練り込まれた感じで特に塩を感じません。オリーブオイルの量も普通です。それでいて過不足はない感じ。

トマトは酸味はあまり感じず甘さがあります。モッツァレラチーズのとろけ具合も良い感じ。

何か特別に加点したくなる感じではありませんが、減点するポイントも見つからない教科書通りの美味しいピッツァでした。

食後は少し驚き。

カフェラテ@ヴァカンツァ 恵比寿

 

濃厚なカフェラテが美味しいのは想定内でしたが、チョコレートが素晴らしい!

ブラマルディでいうメーカーの生っぽいチョコレートでしたが、単なるミルクチョコレートではなく味の広がりがあるというか、表現しにくいのですが美味しかった。

人気店はこうやって最後に加点するのですね。

最初から最後まで満足度の高いランチでした。

 

 

恵比寿の「ヴァカンツァ」の行き方と営業時間

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目27−2 1 F・2F 赤尾ビル

恵比寿駅東口から徒歩5分です。

【 恵比寿 ヴァカンツァの営業時間 】

ランチ
全日 11:30~15:00 (L.O.14:30)

ディナー
月~金 18:00~23:30 (L.O.22:30)
土・祝 17:30~23:00 (L.O.22:00)
日 17:30~22:30 (L.O.21:30)

定休日 なし

恵比寿の「ヴァカンツァ」の感想と食べログ採点

【 恵比寿 ヴァカンツァの感想 】

・マルゲリータは安定のクオリティ。前菜、パン、カフェ、チョコレート付きのランチの構成も良かった。

・よく気づく気持ちの良い接客。くつろげる雰囲気も良し。

・大きなピッツァのついたセット1,320円はコスパ良しと思う。

ヴァカンツァピザ / 恵比寿駅広尾駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2019年11月 月間29万8千アクセス! 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店をどんどん紹介していきます。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.