B級孤独のグルメ

亀戸の「ラーメン二郎」偉そうな店員の態度にカチン!ときた

WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年10月 月間310,583 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。

久しぶりの亀戸二郎。いつものガタイの良く感じの良い店主がいなくてビックリ。

野菜増しはなかなかの迫力。豚も厚めでかなり美味い。ただ麺は最初からかなり柔らかかったのだが、この店のスタイルなのか?

個人的には少し固めの麺が食べているうちに徐々に柔らかくなるのが好み。

ところでクレームというほどではないがこの日気になったことを1つ。

ラーメン二郎では食べたどんぶりをカウンターの上に上げてテーブルを拭くのがマナー。ラーヲタの人の中では二郎以外でも普通にやっている人も多いが、元々は田町の本家「ラーメン二郎」がこのマナーの発祥の地ではないだろうか?

さて、この日もどんぶりを下げたら、店員から出た言葉は「ありがとうございます」ではなく叱るような口調で「テッシュはゴミ箱に捨てて下さい」

ゴミ箱を探すと店内の奥の方にあったので入れたが、テッシュくらいなんとかしてくれよと思った。

そもそもこの「お皿をカウンターの上に上げてテーブルを拭く」というマナーは、昔から行列が絶えなかった本家二郎の店主が常日頃調理場であまりに忙しそうにしているので、その負担を軽減するために慶応の学生を中心とした客から自発的に始まったしきたりと聞いている。

自分が学生時、ラーメン二郎のラーメンは210円。豚入りでも250円で、いわゆる大ダブル(大盛り+豚増し) が350円だった。

当時は吉野屋の牛丼が400円だったので物価は今とほとんど同じだ。いかに安かったかが分かるだろう。

それもあって、美味しいラーメンをこんない安く提供してくれてありがとう意味も込めて始まったマナーだと思われるのだ。

亀戸二郎の小ラーメンは730円。二郎の中で特に安いわけでもない。自分がいた時は行列もなく、空席もあった。

なのに店員がどんぶりを上げてテーブルを拭いた客にありがとうも言わずにこんなに威張ることはないと思う。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Twitterおよびインスタグラムのフォローよろしくお願いします。

2021年10月 月間310,583 PV(アクセス数) 世界一のグルメ都市東京に住んでいるというこの上ない幸運を活かして、美味しい店、話題の店に絞って紹介しています。
B級1人グルメ中心でコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが、好き嫌いなく美味しいものなら何でもOK!
姉妹ブログ海外旅行情報館もよろしくお願いします。海外グルメの記事も満載ですよ。







Copyright© 東京たべある記 , 2017 All Rights Reserved.