B級孤独のグルメ

とんかつ檍(あおき)」大門店 林SPFのとんかつが最高に美味しい!!

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。

2019年1月現在の「とんかつ檍(あおき)」

自分が東京のとんかつで1番美味しいと思う「とんかつ檍」。

初めて蒲田の檍に行き始めた数年前は「とんかつ檍」蒲田店(当時は確か単に「とんかつ檍」という店名)とお隣の「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」しかなかったと思うのですが、2019年1月現在は「とんかつ檍」は5店舗になりました。

2019年1月現在の「とんかつ檍」の店舗

「とんかつ檍」蒲田店

「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」

「とんかつ檍」大門店

「とんかつ檍」銀座店

「とんかつ檍」浅草橋店

2018年は弊ブログを移行するのに苦戦し、あまり記事を書けなかったため「とんかつ檍」について書いた記憶がないのですが、コンスタントに月1以上は確実に行っています。

現在の店舗について少しコメントします。

「とんかつ檍」蒲田店

安定して混んでいます。自分が勝手に「檍の親父さん」と呼んでいる方は最近はこちらにはいないようです。料理は親父さんがいなくてもとても安定していると思います。

最新の「とんかつ檍」蒲田店 の記事はこちら。

 

「とんかつ檍カレー屋いっぺこっぺ」

以前と比べてものすごい混みようです。

かつては「檍」に入れなかったら「いっぺこっぺ」でいいや、みたいな感じでした。

実際に行列が苦手な自分は本家よりもこちらに行った回数が多いのですが、今や抑えどころではなく、「檍」よりも行列があることもあります。

毎日のようにグルメ番組をやっている今どき、芸能人が推奨したくらいで突然混むことは少ないような気もするのがですが、2018年9月2日の「アメトーーク! 放送揚げ物大好き芸人」でザキヤマこと山崎弘也さんが「いっぺこっぺ」を推奨していました。

その後明らかに行列が増えたので、ザキヤマさんの発言は並の芸能人が言うよりもはるかに影響力があるようです。

それにしても東京で1番美味しいと思っている「いっぺこっぺ」のカツカレーが気軽に食べられなくなったのは残念ですが、今度並んでしっかり食べます。

「とんかつ檍」大門店

今やしっかりと大門という土地に根付いたようで昼はとんでもない行列。夜も混んでいます。以前は蒲田店より劣ると思っていましたが、最近はそんなに変わりなくなってきました。

今回はこちらが主役です。

「とんかつ檍」銀座店

2018年3月にオープン。銀座に「」は本当にびっくりしました。できてすぐに行ったのですが「の親父さん」はこちらにいました。

しかし上ロースが1,800円。蒲田や大門より300円も高い!ので行くのにためらっていましたが、最近は同料金になったようです。近い内に行かないとな。

「とんかつ檍」浅草橋店

浅草橋のとんかつ屋と言えば「丸山吉平」。

「檍」出身で「檍の親父さん」とは血縁関係あり?(「檍の親父さん」の性は丸山のはず) と推測される吉平さんですが、2018年の5月になんと交通事故に。

かなり重症だったらしく「丸山吉平」は何と閉店。その後に「とんかつ檍」浅草橋店として営業再開。

事情を知らない人は突然蒲田の有名店に変わってびっくりされたかもしれませんがそういう事情です。

もちろん、「とんかつ檍」浅草橋店にも行ってみたいですが、丸山吉平のとんかつも「檍」に勝るとも劣らない素晴らしいものだったので、丸山吉平が回復されて店舗を再開されることを願ってやみません。

開店当初と最近の「とんかつ檍」大門店の印象

「とんかつ檍」大門店は開店当初から人気も、蒲田店よりも劣るというのが当初の印象。たまに檍の親父さんがいる時は問題なかったのですが。

特に劣ると感じたのはキャベツと豚汁。

蒲田檍のキャベツは常にシャキシャキ。豚汁も旨味が染み込んだ美味しいものですが、大門檍ではキャベツがぐしゃぐしゃ。豚汁の旨味が薄っぺらいという事がありました。

最近はキャベツはやはり蒲田と方が上ですが、豚汁に関しては大門檍は蒲田と遜色ないと思います。

なお、具体的なものはともかく両店舗に行く人は蒲田店の方が上という印象を持つ人が多かったように思いますが、最近は自分はどちらでも遜色ないという評価に変わっています。

「とんかつ檍」大門店の外観とメニュー

未だにだいたいの方向は分かっているものの、突如店舗が現れる感じで店舗の正確な位置が分かりません。毎回少し迷って到着します。

夜は行列なしで入れることが多いですが昼間の行列はえげつない。断念したことが2回ほどあります。

とんかつ檍 大門店のメニュー

 

昼間は夜にないロースかつランチ定食がありますが、それ以外は夜と同じなので行列が嫌なら夜が良いと思います。

最近はグラム表記がありますね。檍のとんかつは値段が上がるほど肉質が上がり重量が増えます。

自分は普通が上ロースかつ定食(200g)、たまに贅沢する時は特ロースかつ定食(300g)を食べます。しかしこの特ロースだけでも相当なボリュームです。

檍の通の方はリブロースかつ定食(400g) を頼むことが多いのですが、2,800円という値段もさることながら食べきる自信がないため未だ食べたことがありません。

蒲田店は隣に「いっぺこっぺ」があるせいかかつカレーはなかったと思いますが、大門店にはあります。

檍の塩

とんかつ檍の定番!ヒマラヤ岩塩 ナマック

 

とんかつ檍といえば「とんかつに塩」を流行させた店だと思いますが、檍のイチオシの塩がヒマラヤ岩塩ナマック。

見た目の通りミネラルの固まりのような塩でナトリウム・カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄・マンガンを含んでいるとか。

結構クセが強いので最初はそこまで好きではなかったのですが、肉を良い感じに引き立ててくれるので最近はこれを1番使います。味があって噛める石というような食感ですが。

スパイスが入っている訳ではないのに色からそんな気になる不思議な塩です。

他に3の岩塩が置いてあります。太古から贈り物(モンゴル)、アンデスの紅塩(ボリビア)、インカ天日塩(ペルー)

こんな感じで小皿に取ると塩の食べ比べができるのでお勧めです。

ただ、自分はこの少し甘くフルーティーなソースも好きで、結局塩4種とソースの全てを使うことが普通になっています。

 

 

「とんかつ檍」大門店で頂いたもの

豚汁と御飯

「とんかつ檍」大門店の豚汁

 

白味噌ですが、豚以外の具材もかなり豊富。玉ねぎの出汁が効いています。生姜も少々。酒の香りもします。かなり美味しい豚汁だと思います。

小さな茶碗に多めに盛った感じ。御飯だけ考えると明らかに少ないですが、大盛にしたことはないし、大盛にしている人もあまり見かけません。とんかつでお腹がいっぱいになるからです。

最近は以前と違って肉の評価が上がっているように思われますが、肉でお腹がいっぱいになるなら無理して御飯を食べる必要はありません。

上ロースかつ定食

上ロースですが、夜は1番安いメニューです。有名とんかつ店の中には1番安いメニューだと明らかに肉質が劣る事がありますが、檍ではそんなことはありません。十二分に美味しいです。

生焼け加減のとんかつも最近はしっかり浸透してきましたね。

そう檍のとんかつは檍の代名詞とも言える林SPF。特定の病原菌を持たないため生に近い食感で食べることができます。

もちろん自分は林SPFでお腹を壊したことはなし、壊したという話も聞いたことはありません。

とにかくジューシーで脂身たっぷりで肉厚のとんかつがたまりません。

ちなみにこちらも最近常識が変わってきた感じですが、脂身たっぷりの肉の方が水分に近いため身体に溜まりにくく脂肪になりにくいと言われています。

特ロースかつ定食

上ロースに比べて特ロースは空きからに量が多い。

しかも肉厚が3センチくらいある部分もあります。SPFでなければしっかりと火を通す必要があるのでここまでの厚切りはできないわけですね。

特ロースの方が上より1ランク上で更にジューシー感は増しますが、上でも十分に美味しいので、自分が上にするか特にするかは空腹感次第という感じです。

 

 

「とんかつ檍」大門店の行き方と営業時間

〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目11−12

浜松町から7分。大門から5分くらいです。自分は何度も行っているのにいつも少し迷います。汗。

【「とんかつ檍」大門店の営業時間 】

11:00~15:00
17:00~20:00
定休日 日曜日・月曜日
※定休日以外の祝日は営業

檍の営業時間はどこも似たような感じ。20時閉まっちゃうので、もう少し遅くまでやっていてほしいのですが。

「とんかつ檍」大門店の感想と食べログ採点

【「とんかつ檍」大門店の感想 】

・開店当初よりもぐっと良くなった感じ。蒲田店と比べて遜色なくなりつつある。ただそれでも蒲田店の方が少しだけ上に思えるけど。

・たまにキャベツがぐちゃっとした感じで出てくるのは早急に改善して欲しい。

とんかつ檍 大門店とんかつ / 大門駅浜松町駅御成門駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京!美味しいものを求めて日々食べ歩いています。 ほぼB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は人気店を中心に、話題性も考えて店を選択しています。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 東京たべある記 , 2019 All Rights Reserved.