B級孤独のグルメ

江戸前つけ麺 銀座 魄瑛(はくえい) 美しいつけ麺にトリュフ卵ご飯

しげP
WRITER
 







この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。

ボンド・オブ・ハーツの新店 江戸前つけ麺 銀座 魄瑛(はくえい)

銀座に高級感あふれるつけ麺の新店舗がオープンしました。

その名も「江戸前つけ麺 銀座 魄瑛」。スープに東京湾のシジミを使い「江戸前」を表現。

プロデュースは長野ラーメンの雄ボンド・オブ・ハーツの塚田兼司さん。

ボンド・オブ・ハーツは長野に「気むずかし家」「笑楽亭」「けん軒」「信濃神麺烈士洵名」「武士」を出店しているだけでなく、東京にも「烈士洵名れっしじゅんめい」「魚雷」「悪代官」「チラナイサクラ」と次々に人気店舗を出店しているラーメン界の一大勢力。

この中で自分が行ったことがあるのは「チラナイサクラ」だけですが、こちらは定期的に通っているお気に入りの店舗の1つです。

銀座 魄瑛を知ったのは例によって「ラーメンウォーカー2019」。

ラーメンの美しさは先日行ったメンショーサンフランシスコと並んで本の中では群を抜いて目立っていました。

美しい上にボンド・オブ・ハーツ系列なら美味しいのも間違いないという事で、期待に胸を膨らませて現地に向かいました。

 

魄瑛のメニュー

二階にある店の手前に、最近たまに見かけるようになってきたカラーディスプレイで商品が選べる自動販売機がありました。

[ 銀座 魄瑛のメニュー ]

特製つけ麺1,200円

銀座プレミアム盛 2,500円

トリュフ卵かけご飯 1,000円

筋子ルイベご飯 800円

メニューが少なく、銀座価格という印象です。

セットメニューは200円引きという感じでしょうか?

プレミアム盛りが気になりましたが、お得感につられて特製つけ麺とトリュフ卵かけご飯2,000円のセットをポチりました。

なお、ビールも飲みたい気がしましたがこちらはプレミアモルツの中瓶が800円!ということで遠慮せざるを得ません。

モエ・シャンドン15,000円もありました。様々なラーメン屋を見てきましたがメニューにシャンパンがあったのは初めてです。

ただこちらも成城石井で4,000円くらいで見かけることもあるので銀座価格な感じです。

魄瑛の雰囲気

店に入ると先客はいませんでした。時刻は18時すぎ。

黒いコスチュームの若くて感じの良い女性と若い男性から声をかけられます。男性の方はラーメンウォーカーに載っていた店長の早坂さんでしょう。

元イタリアンシェフで、腕を買われ塚田兼司さんにヘッドハンティングされたそうです。

調理のメインは早坂さんがやっていましたが、女性も準備をしていました。

女性がラーメン店の厨房にいるのは珍しいですが、「チラナイサクラ」はスタッフ全員が女性であることもあるくらいで女性シェフを重要視するのはボンド・オブ・ハーツの経営方針かもしれません。

説明書きを見ながら待ちます。

客がポツポツと入ってきます。若い女性と中年男性なんていう銀座ぽい?組み合わせもあるかと思いきや、全員ラーメンオタク?ぽい中年男性の一人客でした。

魄瑛の特製つけ麺

特製つけ麺が運ばれてきました。

器がいかにも銀座な高級感を醸し出しています。

低温調理された3種のチャーシューが目を引きます。カナダの銘柄豚七色豚、和牛、合鴨のロースとか。白いのはしじみムース。

美しいですが、ラーメンウォーカーの写真の方が和牛色が高級そうだな?というのが最初の感想。

そしてこれが江戸前なスープです。丸鶏100%に東京湾のシジミを合わせてもの。

さて、頂きます。

見た目から想像できる美味しさです。スープのしじみは注文を受けてから加えるとのことでしじみだけ切り取れるようなフレッシュが感じがあります。これが美味しい。トリュフオイルも香ります。

塩分はやや強めで意外に醤油が効いています。

ただつけ麺というは濃厚なスープが普通ですからサラサラなスープはかなりインパクトが有りました。

そして、麺がすごく柔らかいです。信濃小麦を使っているそうですが、柔らかいけどしっかり歯ごたえがあり、スープによくなじみます。

そしてチャーシューです。美味しいとは思うのですが、薄いのでそこまで印象に残りませんでした。何肉かも分かりにくい。噛んで味わうには少し物足りなかったです。

魄瑛のトリュフ卵かけご飯

小ぶりな一口サイズです。

トリュフは直前に削ってくれました。

しかし、削っていると香りはするのでが、これだけだと香りほとんどありません。味もそんなにしません。

もちろん、卵はすごく美味しかったのですが、正直なところ、卵ごはんとの違いがあまり分かりませんでした。

結局和牛をのせて食べることにしました。

魄瑛の行き方と営業時間

〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目10−1

この前行ったトラットリアコダマの少し先にありました。

小さなビルで一階がパン屋さんです。魄瑛はその二階です。

[ 魄瑛の営業時間 ]

11:00~15:00
17:00~22:00 (L.O.21:30)
定休日 日曜、月曜

なんか普通ですね。銀座なので深夜までやっているかと思いきや。(そちらの方が人が来そう)

魄瑛の感想

[ 魄瑛の感想 ]

・つけ麺の完成度は高い。スープなしじみがフレッシュな感じで、やわらか麺が極上。

・トリュフ卵かけご飯はトリュフ感が少なく物足りない (値段的にこれ以上量を増やすのが無理なら他の食材の方が良いのでは?)

・全体的にどっちつかずの中途半端な印象
(高級にするならもっと高級にして値段も上げる。普通にするなら特製つけ麺を1,000円にする方が良いのでは?)

個人的には「あり」ですが、短命に終わるのでは?という危惧も感じました。

 

銀座 魄瑛つけ麺 / 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

この記事を書いている人 - WRITER -
しげP
世界一のグルメ都市東京で美味しものを求めて食べ歩いています。 主にB級グルメでコスパ重視。ラーメンやとんかつ好きですが雑食です。 最近は好奇心をそそる店か行き慣れた店かの二択です。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 東京たべある記 , 2018 All Rights Reserved.